2011年08月30日

夏期セミナー

若手神主の研修会です。
image/2011-08-30T23:08:06-1.jpg
会津藩の什の教えについて学びました。
これからの日本に必要なのは家庭の教育、つまりしつけです。
posted by 管理人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先から

2011年08月29日

八朔大祭

昨日の話になりますが、八朔大祭の相撲大会の準備ができました。
いつもご奉仕いただく祭明会の皆さんにお手伝いいただきました。
八朔準備.JPG
9月1日(木)の午後2時より奉納子供相撲大会です。
参加者が54名!
近年では最高の人数ではないでしょうか。

お待ちしております。
posted by 管理人 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年08月25日

第3回こころつたえ

先ほど終わりました。
ご参加の皆様、遠いところご参拝、ご参加いただきありがとうございました。
ウェーブ産経
宮司の講演の様子です。

このあと桂月弁当を食べていただき、宝物拝観、道明寺さんのご本尊拝観、境内案内と、道明寺を満喫していただけたと思います。
思ったより暑くなく、雨もほとんどなく過せました。

最後に小川千春さんのライブがあり、道明寺餅も食べていただけました。
いかがだったでしょうか。
次は、2月の梅の道明寺を満喫してくだされば、と思います。
posted by 管理人 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年08月24日

明日の参加者の方へ

明日は、25日。
境内では骨董市が行われます。

それと、ウェーブ産経主催の第3回こころつたえ「道明寺天満宮を訪ねる」が開催されます。
参加には申し込みが必要で、既に締め切られていますので、ご注意ください。

明日の参加者が122名と聞いています。
来られる方は、空模様が怪しいようですので、ご注意ください。
先ほど、何とか準備が整いました。

暑さも厳しいと思います。
道明寺天満宮と道明寺で一日楽しんでいただけたらと思いますので、お待ちしております。
posted by 管理人 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年08月22日

満願

当宮は午後5時に閉門となります。
昨日、その閉門ぎりぎりに「ご朱印を」と来られた方がおられました。
かろうじて間に合いました。
神仏霊場朱印帳
その折にお話を伺うと、何と!当宮で満願というではありませんか。

神仏霊場会が発足したのが、平成20年の9月ですから、もうすぐ3年というこの時期に、当宮で満願を迎えられた方は初めてでした。
満願を迎えられた方は、全国に200人を越えているようですが、当宮で満願の方はおられませんでした。

よくよくお話を伺うと、「これから東京に帰る」とのこと。
東京に住んでいて、休日を利用して2年掛かって満願を迎えられたこと。
すべての社寺のご利益のあることを祈ります。
posted by 管理人 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年08月21日

らくうぇる

当宮のある藤井寺市は、全国の市で6番目に面積が小さい市のようです。
そうした藤井寺市を特集した雑誌が販売されています。
らくうぇる.jpg
『らくうぇる南河内』です。

もちろん当宮も載ってます。
南河内地域の書店での販売のようです。
よろしかったらご覧ください。
posted by 管理人 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介

2011年08月19日

雨です

久しぶりのまとまった雨です。
雨の天満宮.JPG
参道も、梅園の梅も雨に喜んでいることでしょう。

枝だけ枯れるなどする梅が少しありましたから、恵みの雨といえます。
気温もそれほど上がらず、暦の上では秋ですので、暦どおりが近づいていることを期待したいですね。
posted by 管理人 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年08月16日

恥ずかしい。。。

昨日の全国戦没者追悼式を見ませんでしたが、とんでもないことがあったそうです。

菅首相が原稿を読むのに手間取って、正午の時報とともに黙祷の予定が、20秒ほど遅れたとか。
漢字が読めない首相に攻撃していたのが、この首相が代表を務める党のはず。
恥ずかしい。。。

我が国の首相なんですねえ。
恥ずかしい。。。
posted by 管理人 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月15日

天誅(忠)組記念館

藤井寺市小山に天誅(忠)組記念館があります。
現在、藤井寺展が開かれております。
天誅(忠)組記念館チラシ.jpg
藤井寺と天誅組は、実は縁があるのです。
さまざまな資料を展示されてますので、一度訪問されてはいかがでしょうか?
posted by 管理人 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介

2011年08月13日

今年も・・・

全閣僚が靖国神社を参拝しないそうです。
期待はしていませんでしたが、やっぱりという感じでしょう。

国のために、家族のために命を捧げた英霊に感謝の気持ちもないのが、今の政府ということでしょうね。
政治的問題のため、と言い訳をしている閣僚もいました。
その大臣がお参りしたら政治的問題になるとでも思っているのでしょう。

菅直人という首相は、恥だけ残すことになるのでしょう。
posted by 管理人 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月11日

ソフトボール大会

大阪の神主が集まって親善ソフトボール大会です。
image/2011-08-11T15:43:59-1.jpg
我がチームは、3位でした。
posted by 管理人 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月06日

竹島の古地図

竹島を歴史から考えてみると、古地図を見るのが一番でしょう。

こんな動画を友人に紹介されました。
よく出来てます。
posted by 管理人 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月05日

誕生日

今日、8月5日はご祭神菅原道真公の御誕生日です。
菅原道真公は、承和12年6月25日に京にて誕生されました。
よって当宮では、6月25日に生誕祭を斎行しています。

その承和12年まで、現在の暦を遡っていくと、6月25日は、承和12年8月5日となるのです。
新暦で考えるか、旧暦で考えるかの違いですね。
全国の天満宮で、この8月5日に生誕祭を斎行しているところもあります。

明治天皇もそうです。
嘉永5年9月22日にお生まれになられてますが、明治節は11月3日。
新暦となったのは、明治5年12月3日です。
御誕生日も遡って、新暦に合わされたということでしょう。

新暦で過去を考えると、季節感がわかりやすいのです。
道真公は梅雨の時期にお生まれになられたのではなく、真夏にお生まれになられたことがわかります。
posted by 管理人 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介

2011年08月04日

嘘つきは泥棒の始まり

ついに子ども手当が廃止になるようです。

これは民主党の主要政策として二年前にマニフェストに掲げていました。
この嘘っぱちのマニフェストに対して誰が責任を取るのでしょうか。

これからは国民に甘言を弄するマニフェストが流行りませんか。
嘘をついても誰も責任を取らないわけですから。

今回の震災がなくても、財源の確保が無理だろうといわれていた子ども手当。
今頃気付くとは…

個人的には減額となりそうなので辛いですが、間違った政策は見直すべきです。
そのまま間違ったリーダーも早く見直してもらいたいものです。
posted by 管理人 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月02日

竹島

新藤義孝衆議院議員、稲田朋美参議院議員、佐藤正久参議院議員が韓国に出かけましたが、入国を拒否されました。
ただの視察なのに・・・。

鬱陵島に独島博物館があります。
言わずと知れた、韓国が不法占拠している竹島を正当化しようとしている博物館です。
ここには鬱陵島の最古の絵図があります。
その横に竹島を表す于山島も載っています。。。が、鬱陵島の左、つまり西側にあるのです。
鬱陵島の横に、日本ではもともと竹嶋としていた島があり、それと混同しているのがよくわかります。

現在の竹島は、もともと松島と呼ばれていました。
それを我が国の領土となったのは明治38年のことでした。
このときは、もちろん混同せず、現在の竹島を領土と国際的に認められる手続きを踏みました。

それを李承晩が不法占拠したのが昭和27年。
いまだ不法状態が続いています。

その不法を正当化しようとしている博物館を、我が国の国会議員が視察に訪れようとしただけで過剰反応。。。
自ら不法であることを自覚しての行動であるといえるのではないでしょうか。

その証拠に、我が国の領土を不法占拠されている北方領土に、韓国の国会議員が不法占拠の方法を視察に行ったことでもわかります。
うしろめたいことがあると、不必要に大声になったりすることがありますが、それと同じです。

それにしても久々に日本外交が勝利したのではないでしょうか。
この3名の国会議員の名前は覚えておきましょう。
posted by 管理人 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事