2011年10月30日

千年礎炭を施工

昨日の話になりますが、当宮のムクロジと常成梅に千年礎炭を施工してもらいました。
常成梅炭.JPG
施工したのは、NPO法人の「木霊の杜」さん。
ありがとうございました。

この炭を施工することによって、その木自体がもっている生命力や活力を活性化することができるそうです。
樹木医さんにムクロジの根が弱っていると言われましたので、この施工をしていただいた、というわけです。

その元気さが目に見える春が楽しみです。
posted by 管理人 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年10月29日

菊の展示

藤井寺市の菊花推進会の菊が搬入されました。
菊231029.JPG
七五三に菊がぴったりです。
お楽しみください。
posted by 管理人 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年10月28日

正倉院展

日本一の一日の入館者数の正倉院展の内覧会に行きました。
image/2011-10-28T16:49:13-1.jpg
内覧会でもものすごい人です。
有名な蘭奢待も出てました。
明日から十一月十四日までです。
posted by 管理人 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介

2011年10月27日

敬神婦人会の旅行

敬神婦人会の日帰り旅行で和歌山方面へ。
まず、伊太祈曽神社を参拝させていただきました。

そして和歌山城近くで昼食。
image/2011-10-27T12:51:26-1.jpg
少し時間があるので、天守閣へ。
このあと湯浅に行き、黒潮市場に寄り、帰阪します。
posted by 管理人 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先から

2011年10月26日

七五三の施設招待

近隣にある児童擁護施設の子供たちを招いての七五三参りを行いました。
昭和48年から続けており、今年で39回目となりました。
施設招待.JPG
ご祈祷が終わり、くまとりすのぬいぐるみと遊ぶ子供たちです。

因みにこのぬいぐるみには、中学生が入っています。
本日より3日間、中学生の職業体験学習が始まっているのです。
まさか神社に来て、ぬいぐるみに入るとは思わなかったでしょう。
上手に子供たちに接していたので、テストなら合格です。
posted by 管理人 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年10月25日

25 25日

本年10回目の縁日を迎えました。
毎月25日は天神さんの日です。

ご本殿において午前9時より月次祭を斎行しました。
境内では、早朝より骨董市が開かれております。
午前中の雨でお参りが少ないのが残念です。
骨董市.JPG
正午よりセリ市が開かれています。
天候がよければもう少し多くの人で賑わうのですが・・・。
セリに参加している人にとっては少ない方が手に入れやすくて喜んでいるのかも知れません。
来月は晴れますように。
posted by 管理人 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年10月22日

七五三

本日、七五三参りの方々が土足のまま拝殿に上がれるようにしました。
七五三用拝殿.JPG
明日より七五三参りやご祈祷の方は、土足のままお上がりください。
posted by 管理人 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年10月21日

戦没学徒追悼祭

昭和18年10月21日、明治神宮外苑において出陣学徒壮行会が開かれました。
その学徒が出陣し、散華されました。

そうして散華された英霊は、もちろん靖国神社に祀られていますが、学徒だけを追悼する施設が淡路島にあるのです。
淡路島の南端、南あわじ市の天見山に丹下健三が建築した若人の広場があります。
平成7年の阪神大震災によって閉鎖を余儀なくされ、朽ちるままになっている施設です。
昨年、所有者から市に譲渡され、これから復興されていく過程です。

その震災より追悼祭を執り行い、今年で17回目を迎えた、全国戦没学徒追悼祭に参列してきました。
戦没学徒追悼祭.jpg
写真は祭典後に撮ったものです。
奥に見えるのが、ペン先を象った、その碑です。
毎年10月21日に祭典を執り行いますので、来年の祭典にご参列をお願いします。
posted by 管理人 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月20日

本殿前の工事

本日、本殿前にスロープを設置しました。
スロープ.JPG
これで七五三参りに着物で来られた子供さんも昇りやすくなりました。
お正月もこのままですから、こちらがいつもの天満宮と思われている方もおられるのではないでしょうか。

いい天気に恵まれました。
秋晴れの天満宮のご参拝をお待ちしております。
posted by 管理人 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年10月17日

西宮神社例祭

本日は、境内の外にある御社、西宮神社の例祭を執り行いました。
西宮例祭.JPG
西宮神社のご祭神は、伊勢、春日、八幡の大神です。
10月17日は、伊勢の神宮において神嘗祭が執り行われる日です。
ご祭神の伊勢大神の祭典に合わせて西宮神社でも同日に行っています。

手前に写っているのは、「もくげんじゅ」の実です。
大阪府の天然記念物に指定されています。
今、このもくげんじゅの実はすずなりです。
posted by 管理人 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社行事

2011年10月16日

豊臣秀頼像

平成26、27年は、大坂冬の陣、夏の陣から400年です。
それに向けて、玉造稲荷神社に豊臣秀頼像が建立され、除幕されました。
大阪城の南に位置する玉造に、篤志家の寄附により建立されたそうです。
豊臣秀頼像.jpg
大坂の夏の陣といえば、道明寺の戦い。
後藤又兵衛の奮戦むなしく、この地で討死してしまいます。
さらには、薄田隼人も。
当宮も銅像を考えたいところですね。
posted by 管理人 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介

2011年10月15日

ご冥福をお祈り申し上げます

朝刊に載っていましたが、久田宗也宗匠が52才という若さでお亡くなりになられました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

平成14年、先代の久田宗匠の体調が優れないということで、宗匠(当時は若宗匠)に、菅原道真公1,100年大祭の献茶祭をご奉仕いただきました。
当宮では25年ごとに大祭を執り行っており、その折に献茶祭も行っておりました。

明治35年、菅原道真公1,000年祭のときに作られたお献茶道具での献茶祭が続いていました。
といっても5回目です。

せっかくのお道具があるのだから、5年ごとでどうですか、と先代に勧められ、平成19年にも献茶祭を執り行いました。
その献茶祭をご奉仕していただき、翌日から休まれたとのことを漏れ聞いています。
久田宗匠にとって、当宮でのお献茶が最後のご奉仕となってしまったようです。
「体調がよくないので」とお酒もお召しになられませんでしたことを覚えています。

私は個人的にもゴルフ等をお伴させていただいたりしましたが、今となれば思い出でしかありません。
茶杓の銘を書いていただいたり、色紙を頂戴したり・・・。
お元気になられることを願っておりましたが、回復されなかったようで残念でなりません。

謹んで哀悼の意を表します。
posted by 管理人 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月13日

北方領土

根室にいます。
今、行くことのできる日本最東端です。
その最東端の神社である納沙布金刀比羅神社を参拝。
image/2011-10-13T11:04:10-1.jpg
我々の先輩が建てた「北方領土の碑」を視察しました。
早期の返還を願います。
posted by 管理人 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先から

2011年10月10日

大阪竹田研究会のご案内

10月14日(金)、当宮で第11回竹田恒泰講演会が開かれます。
竹田研究会チラシ231014.jpg
『古事記』の現代語訳を連続して読んでいっていますが、途中から参加してもよくわかると思います。
今まで読んだところも、竹田先生が著していますので、それを読めば問題ありません。

今回から初めて参加の方は無料、ということになりました。
一度聞いてみて、おもしろければ次に参加費を頂戴する、というシステムです。
ご参加希望の方は、コメント欄かお電話にてお知らせください。
posted by 管理人 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介

2011年10月09日

地車宮入

先ほど、午前9時より道明寺地区の地車の宮入が行われました。
地車宮入.JPG
写真は宮入後のお祓いです。

当宮への宮入は元宮土師社にて行われます。
元宮土師社は、天満宮が創建される前の本社。
もともとの氏神さんということで、土師社にて行われます。

本日の夜まで続きますので、お車でお越しの方はお気をつけください。
posted by 管理人 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社行事

2011年10月08日

東地区連合秋祭り

藤井寺市の東地区連合の秋祭りが当宮で行われています。
連合秋祭り.JPG
東地区の地車や布団太鼓が集結。
一つの地区ごとに遣り回しが行われてます。

当宮の境内で行われていますが、駐車場で行われてますので、ご祈祷やお参りはできます。
お車でお越しの方にはご迷惑をお掛けします。

明日、午前9時から宮入りが行われます。
宮入りが行われるのは、元宮土師社です。
よってご祈祷やお参りは、明日も問題なくできます。
境内では骨董市も開かれますので、ご参拝をお待ちしております。
posted by 管理人 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社頭から

2011年10月07日

熊野那智大社での復興支援活動2

昨日、熊野那智大社へ復興支援活動に再び行ってきました。
今度は、第六殿の後ろ側の土砂を搬出する作業に従事しました。
復興支援活動.JPG
ここも神域です。
神職の手が必要、ということで大阪府の青年神職9名で行きました。

現地は、何とか目途がたってきたようです。
今後は、林野庁や文化庁の調査や復興へ向けての作業が入るようです。

熊野那智大社へは普通に参拝できますので、観光に行こうと思われてた方は、是非お参りしに行ってください。
被害があった、という報道はされますが、参拝ができますよ、という報道はされませんので、まだまだ観光業界が悲鳴を上げているそうです。
多くの皆さんの参拝をお願いします。
posted by 管理人 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先から

2011年10月05日

藤井寺市東地区の秋祭りについて

来る8日(土)についてご注意いただきたいことがあります。

藤井寺市の東地区の秋祭りが当宮で行われます。
午後1時30分には、東地区の地車や布団太鼓が集結します。

つまり、当日の午後には駐車場が全く使えなくなります。
ご参拝の方は、恐れ入りますが、セブンイレブン横の臨時駐車場へ入れていただきますようお願いします。

数年に1回、当宮で集まります。
いつもは夜なのですが、先月に紹介したように道明寺地区の地車が新調されましたので、それを見てもらいたい、との思いから、昼間に行われるようです。

ただ、ご本殿の前ではなく、駐車場で行いますので、昼からでもご祈祷は受付できます。

この祭りの見学はどなたでもできますので、多くの皆様のお越しをお待ちしております。
posted by 管理人 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介

2011年10月01日

七五三参り

涼しくなってきました。
秋の訪れです。

さて、本日より七五三参りの受付ができます。
お土産に千歳飴の準備が整いました。
多くの皆様のお越しをお待ちしております。

本来は11月15日が七五三でした。
それが徐々に広がり、近年は10月に入ると来られるので、当宮でも4〜5年前より、10月1日には準備が整うようにしました。

また、3年前からは、レンタル衣装、着付け、写真、ご祈祷がセットになった七五三パックを始めております。
ご利用の方は、道明寺天満宮のホームページをご参照ください。
ご祈祷にご予約は必要ありませんが、七五三パックをご利用になられる方はご予約が必要です。
posted by 管理人 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社行事