2012年08月15日

67回目の終戦記念日

我が国にとって特別な日を迎えました。
歴史上外国に負けた唯一の敗戦の記念日です。
終戦という言い方には違和感を感じますが、悔しさを忘れない日でありたいところです。
もちろん再戦を望んでいるわけではありません。

隣の国の大統領がぼけてきました。
彼の国では、退任した大統領は逮捕される、という歴史が繰り返されています。
現在の大統領の兄は、既に逮捕され、布石となっているのでしょうか。
反日を大きく喧伝しだして、12月の選挙で敗れたあとの、恩赦のためにしているように見えて、哀れです。

8月15日は、現在の我々があるのは英霊の皆さんが戦ったからであるという念を忘れず、英霊に感謝し、讃える日としたいものです。
奉仕があり、靖国神社や護国神社に参拝できませんでしたが、正午に黙祷を捧げました。
現職の閣僚は、靖国神社に2人参拝しました。
また私的か公的かというくだらないニュースが流れてました。
大臣が動くときは、警備も動きます。
私的って何ですか。

アジア諸国が批判している、というのも間違いです。
特定の国が批判しているだけで、自国のために戦った英雄のためにお参りすることは世界では当然のことです。
我が国が早くまともな国になり、特定の国も礼儀を知る国に早くなってもらいたいものです。
posted by 管理人 at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事
この記事へのコメント
今年は大阪護國神社におりました。
日本会議大阪の追悼祈念講演の運営がありましたので。
これからもずっとそうなりそうです。

あるいみ感謝を申し上げる場にいさせていただけるのはありがたいことかもしれません。
Posted by たかぎ at 2012年08月18日 11:16
コメントが来ていることに気付きませんでしたの、返信が遅くなりました。

そうですね。
我々が今あるのは、英霊のおかげであることを感謝しなければなりません。
8月15日にお参りできるのは幸せなことですよ。
別の日でも構わないので、多くの人が参拝してもらいたいと思いますね。
Posted by 管理人 at 2012年10月19日 14:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57599031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック