2012年10月19日

女性宮家創設に反対します

内閣官房皇室典範改正準備室なるところが、
「皇室制度に関する有識者ヒアリングを踏まえた論点整理」に関する意見の募集について
のパブリックコメントを募集し始めました。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060121009&Mode=0

パブリックコメントは、国民の意見を聞きたい、ということです。
国民は女性宮家の創設に反対していることを伝えましょう。

女性宮家を一代に限り創設して、天皇陛下のご公務を分担してもらおう、と聞くと最もらしく聞こえます。
しかし女性宮家は、我が国の歴史上一度もなかったものです。
男女差別とかそういった話ではありません。
一般男性を皇族に入れないためのものです。

天皇陛下のご公務を分担できません。
昨年、天皇陛下は体調をお崩しになられたときがありました。
そのときにご公務を分担されたのは、皇太子殿下と秋篠宮殿下の御二人だけ。
女性宮家が増えたところで、天皇陛下のご公務の軽減にはならないのです。
近々、法務大臣が事実上の更迭されるようですが、新たな法務大臣が任命されることとなれば、それを承認するのは天皇陛下で、天皇陛下の御前で任命式が執り行われます。
つまり、大臣がころころ代わるだけで天皇陛下のお仕事が増えるのです。
ご公務の軽減、というのであれば、まともな人を大臣に据えておいてもらいたいものです。

さて、女性宮家を一代に限り、といいますが、果たしてそのままになるでしょうか。
40年先を考えてみてください。
同じ問題がおきませんか。
女性宮家の子供は皇族ではない、としていますから、今回、女性宮家を創設したところで、問題の先送りでしかありません。
将来において、女系天皇を容認するかの動きが今回の女性宮家創設問題となります。

女性宮家を創設する以外に皇室を守る方法がないのでしょうか。
あります。
11の宮家が、戦後皇族の身分を離れ、一般人となっています。
その方々を元通りに皇族となってもらえばいいのです。
こちらは、我が国の歴史上にあります。
菅原道真公がお仕えした、宇多天皇です。
宇多天皇は即位前の、元慶8年、臣籍降下され、源定省となりました。
その後、仁和3年に皇族に復帰し、皇太子となられ、その日のうちに即位されました。

歴史に学ぶ必要があります。

旧皇族の方々が戻られるのに、国民の理解が得られない、とした声を聞きます。
しかし、女系天皇を推す人以外にこういった声は、寡聞にして知りません。
国民から批判は少ないでしょう。

女性宮家を創設して、どこの馬の骨とも知らない男性が皇族となるより、旧皇族の男性が皇族となるほうが自然ではありませんか。
我が国2,672年にのぼる歴史に唾吐くような暴挙には断固反対の意思を示す必要があります。

是非、パブリックコメントに意見をお願いします。
こちらの意見提出フォームから応募できます。
https://search.e-gov.go.jp/servlet/Opinion
posted by 管理人 at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事

2012年08月15日

67回目の終戦記念日

我が国にとって特別な日を迎えました。
歴史上外国に負けた唯一の敗戦の記念日です。
終戦という言い方には違和感を感じますが、悔しさを忘れない日でありたいところです。
もちろん再戦を望んでいるわけではありません。

隣の国の大統領がぼけてきました。
彼の国では、退任した大統領は逮捕される、という歴史が繰り返されています。
現在の大統領の兄は、既に逮捕され、布石となっているのでしょうか。
反日を大きく喧伝しだして、12月の選挙で敗れたあとの、恩赦のためにしているように見えて、哀れです。

8月15日は、現在の我々があるのは英霊の皆さんが戦ったからであるという念を忘れず、英霊に感謝し、讃える日としたいものです。
奉仕があり、靖国神社や護国神社に参拝できませんでしたが、正午に黙祷を捧げました。
現職の閣僚は、靖国神社に2人参拝しました。
また私的か公的かというくだらないニュースが流れてました。
大臣が動くときは、警備も動きます。
私的って何ですか。

アジア諸国が批判している、というのも間違いです。
特定の国が批判しているだけで、自国のために戦った英雄のためにお参りすることは世界では当然のことです。
我が国が早くまともな国になり、特定の国も礼儀を知る国に早くなってもらいたいものです。
posted by 管理人 at 15:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事

2012年01月09日

成人の日

国旗
本日、成人を迎えられる皆様、おめでとうございます。

成人の奉告に氏神様へお参りしましょう。
posted by 管理人 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年12月03日

女性天皇と女系天皇の違いがわかりますか?

先月末、女性宮家の創設の話が突如湧き出しました。
ニュース番組でインタビューに答える人は、概ね好意的な意見ばかり。

ちょっと待った!
皇族が減っていく現状があるなかで、皇族を維持することも考えなければなりません。
女性宮家を創設するということは、女性皇族の皆さんに男性の婿をとるということです。
つまり初めて民間の男子が皇族となってしまうということです。

2,000年以上の長きにわたって続けられてきた我が国の皇室。
その歴史を、我々の世代が壊していいのですか。

女性天皇は歴史上、8方おられました。
しかし女系天皇は一人もおられません。

女系天皇とは、父方をたどっても天皇がいないということです。
男系天皇、つまり我が国の万世一系の皇室は、父方をたどれば必ず天皇がおられるということです。

こういう基礎知識とでもいうことを政治家も勉強してもらいたいものです。
そして有識者会議というおかしな有識者。
無識者ではないですか。

まずは、小泉内閣のときの俗に言う有識者会議の諮問を破棄することから始めましょう。
そして男系である万世一系の天皇を守るために、という前提で大いに議論を深めることが肝要かと思います。
posted by 管理人 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月16日

恥ずかしい。。。

昨日の全国戦没者追悼式を見ませんでしたが、とんでもないことがあったそうです。

菅首相が原稿を読むのに手間取って、正午の時報とともに黙祷の予定が、20秒ほど遅れたとか。
漢字が読めない首相に攻撃していたのが、この首相が代表を務める党のはず。
恥ずかしい。。。

我が国の首相なんですねえ。
恥ずかしい。。。
posted by 管理人 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月13日

今年も・・・

全閣僚が靖国神社を参拝しないそうです。
期待はしていませんでしたが、やっぱりという感じでしょう。

国のために、家族のために命を捧げた英霊に感謝の気持ちもないのが、今の政府ということでしょうね。
政治的問題のため、と言い訳をしている閣僚もいました。
その大臣がお参りしたら政治的問題になるとでも思っているのでしょう。

菅直人という首相は、恥だけ残すことになるのでしょう。
posted by 管理人 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月06日

竹島の古地図

竹島を歴史から考えてみると、古地図を見るのが一番でしょう。

こんな動画を友人に紹介されました。
よく出来てます。
posted by 管理人 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月04日

嘘つきは泥棒の始まり

ついに子ども手当が廃止になるようです。

これは民主党の主要政策として二年前にマニフェストに掲げていました。
この嘘っぱちのマニフェストに対して誰が責任を取るのでしょうか。

これからは国民に甘言を弄するマニフェストが流行りませんか。
嘘をついても誰も責任を取らないわけですから。

今回の震災がなくても、財源の確保が無理だろうといわれていた子ども手当。
今頃気付くとは…

個人的には減額となりそうなので辛いですが、間違った政策は見直すべきです。
そのまま間違ったリーダーも早く見直してもらいたいものです。
posted by 管理人 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年08月02日

竹島

新藤義孝衆議院議員、稲田朋美参議院議員、佐藤正久参議院議員が韓国に出かけましたが、入国を拒否されました。
ただの視察なのに・・・。

鬱陵島に独島博物館があります。
言わずと知れた、韓国が不法占拠している竹島を正当化しようとしている博物館です。
ここには鬱陵島の最古の絵図があります。
その横に竹島を表す于山島も載っています。。。が、鬱陵島の左、つまり西側にあるのです。
鬱陵島の横に、日本ではもともと竹嶋としていた島があり、それと混同しているのがよくわかります。

現在の竹島は、もともと松島と呼ばれていました。
それを我が国の領土となったのは明治38年のことでした。
このときは、もちろん混同せず、現在の竹島を領土と国際的に認められる手続きを踏みました。

それを李承晩が不法占拠したのが昭和27年。
いまだ不法状態が続いています。

その不法を正当化しようとしている博物館を、我が国の国会議員が視察に訪れようとしただけで過剰反応。。。
自ら不法であることを自覚しての行動であるといえるのではないでしょうか。

その証拠に、我が国の領土を不法占拠されている北方領土に、韓国の国会議員が不法占拠の方法を視察に行ったことでもわかります。
うしろめたいことがあると、不必要に大声になったりすることがありますが、それと同じです。

それにしても久々に日本外交が勝利したのではないでしょうか。
この3名の国会議員の名前は覚えておきましょう。
posted by 管理人 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年06月27日

世界遺産に

小笠原と平泉が世界遺産に登録されましたねえ。
おめでとうございます。

世界遺産という名称にこだわっているところもあります。
第1回の世界無形遺産に登録された、能楽もそうでした。
遺産ではなく、現在にまで行き続いているし、これからも続く。
遺産では・・・。ということです。

未来に伝えたいという意味での遺産でいいのではないでしょうか。

当宮のある藤井寺市でも、堺市と羽曳野市と一緒になって百舌鳥古墳群と古市古墳群を世界遺産に、ということで少し盛り上がっています。
この古墳群の中には、日本最大面積の仁徳天皇陵や日本最大体積の応神天皇陵など多くの天皇陵が含まれています。
エジプトのピラミッドや中国の始皇帝陵とは違い、現在まで子孫がおられ、祭祀が続いているということを考えれば、遺産ではないですね。
まあ、未来へ伝えたいという意味では遺産でいいのでしょう。

しかし、そうした祭祀が続いている、という視点をもって、世界遺産登録へむけた活動をしてもらいたいですね。
それなくしては、全面的に賛成というわけにはいきません。
皇陵であることの意味をまず考えてもらいたいところです。
posted by 管理人 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年06月04日

天安門事件

22年になるようです。
中国共産党が自国民に発砲し数千数万の死者を出したのは。
未だに知らない中国人がいるのは信じられません。

まあこれで私のブログも中国からはアクセス禁止です(^^)
posted by 管理人 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年06月02日

国民の不幸

茶番でしたね。

無能な首相は代えないとこの困難を乗り越えられないのではないでしょうか。
この時期に政争をしている場合ではない、という批判もありますが、今の首相は大震災後に何をしたでしょうか。
不祥事や失言によって退いた自分の仲間を復職させただけではないでしょうか。

菅政権が続けば続くほど、国民の不幸が続くでしょう。

まあ面白かったのは前首相の発言です。
「人間はうそをついてはいけません」
お前が言うな、って思わずに言った人も多かったのではないでしょうか。
posted by 管理人 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年05月28日

不法占拠

韓国の国会議員が、我が国の固有の領土である、国後島を訪問しました。
これに関して、外務大臣は怒ったようですが、首相は何か発言したのでしょうか。

これは、韓国が竹島を不法占拠しているにあたり、同じく不法占拠しているロシアに、不法占拠のより良い方法を学びにいったのでしょう。
韓国も竹島を不法占拠していることを国際的に認めたことになります。

韓国国内では野党議員だそうですが、それに対して大統領が怒った等のことは報道されていません。
怒ってないからでしょう。
ということは、韓国国内でも竹島の不法占拠を認めていることになります。

いくらダメな現状の政府でも、ただ怒るだけでなく、「あれっ韓国さん、不法占拠を認めるんですね」くらい言えないものなんでしょうか。
posted by 管理人 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年05月17日

国歌斉唱

橋下知事は、入学式や卒業式での国歌斉唱時に起立しない府立学校や公立小学校の教員を免職する処分基準を定めた条例を提案するようです。

当然ですね。
でもこれを条例で謳わなければならない、異常さが悲しいところです。
公務員ですから、国歌を歌うときには起立しなければならない、斉唱しなければならない、という姿を生徒に見せるべきです。
嫌なら先生にはならなければいい。
生徒は、先生の主義主張なんて関係ないのです。

日本国民である以上国旗と国歌に敬意を払いましょう。
posted by 管理人 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年05月12日

世界遺産登録

小笠原諸島と中尊寺が世界遺産に登録されそうです。
世界遺産と当宮は何度か書きましたが、少し縁があります。
大阪初の世界遺産を目指す百舌鳥・古市古墳群を造ったのが、土師氏。
その土師氏の氏神として創建されたのが、当宮です。
そういう信仰面も含めて世界遺産に申請できないものでしょうか。

それは置いておいても、皇陵の静謐を守ることが求められます。
発掘が必要などというのであれば、反対運動をおこさなければならなくなります。
そうならないことを願いますが、もしそうなればご協力をお願いします。
posted by 管理人 at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事

2011年04月22日

投票に行こう

不在者投票に行ってきました。

日曜日はいつも忙しいので、選挙はいつも不在者投票です。
藤井寺市の場合、市役所で簡単に投票できます。
理由も仕事なら仕事と○を打つだけ。
旅行なら旅行。
日曜日に行けない方は、是非不在者投票を。

有権者が責任ある立場であることを自覚することから政治を変えていくべきです。
投票に行きましょう!
posted by 管理人 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年04月21日

靖国神社春季例大祭

谷垣自民党総裁が靖国神社春季例大祭に参拝されたようです。

しかし、この人は大臣のときには参拝しなかった。
パフォーマンスととられてもおかしくないでしょう。

政権が交代し、谷垣首相となるのであれば、そのときに評価したいと思います。
ご英霊に対して本当に気持ちがあるのかどうか、そのときにわかるでしょう。
posted by 管理人 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年04月11日

選挙が終わったらまた選挙

統一地方選挙だったはず。。。

昨日、大阪府議会議員選挙が行われ、結果も公表されました。
2週間後には、今度は市長と市議会議員選挙。
まとめてできませんか。
統一してもらえませんか。

選挙は必ず行っているが、1回で済むところを2回・・・。
政令指定都市と周辺市町村ってことで区別でもしているのでしょうか。

それにしても投票率が低い!
国民が長年かけて勝ち取ってきた権利も、当たり前と思われてくるとこんなものでしょう。
誰がなっても同じ、という考えでも投票には行くべきです。
せっかく勝ち取ってきた権利を行使しないのはもったいないことです。

今のだらしない政権も、国民が選んだわけですから、国民に責任がある、そういう政体を選んでいるのが我が国です。
せめて投票率が80%くらいにはならないものでしょうか。
posted by 管理人 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年03月19日

復興に向けて

被災地では物資等も揃いだしているようです。
それでもまだまだ足りない状況に変わりはありません。
私の所属するsskでも14トンの支援物資を送ります。
これからも継続した支援が必要であるとともに、復興に向けては義捐金が必要です。
当宮の義捐金箱ですが、多くの皆様にご理解いただき、義捐金を頂戴しています。
4月末日を目途に送りたいと思います。

さて、そうした中、政府の人事がおかしなことになっています。

ボランティア担当補佐官に任命されたのは、あの辻元議員。。。
阪神大震災のときにボランティア名目で被災地に入り、真っ先にしたことはビラ配り。。。
「自衛隊は違憲です。自衛隊から食料をもらわないで下さい」と書いてあったそうです。。。

内閣官房副長官には仙谷議員。。。
「暴力装置としての」自衛隊の活躍を見てないのですか。
まずは自衛隊の前で土下座して、謝罪と御礼から始めて下さい。

この人事を見ていると、自衛隊は関わるな、ボランティアは(必要な時期になっても)来るな、と言わんばかりの人事ではないですか。
被災地の人だけでなく、国民をバカにしているのでしょうか。
挙国一致体制で、この国難を乗り切ろうという気概をみせてもらいたいものです。
posted by 管理人 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2011年03月13日

東北地方太平洋沖地震

このたびのの東北地方太平洋沖地震にて、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、今後、被害が拡大することがないようにお祈り申し上げます。

当宮でも陸前高田市出身の者がおります。
今日入った連絡によりますと、家族は全員無事とのこと。
ご心配いただきました皆様に感謝申し上げますとともに、報告させていただきます。
posted by 管理人 at 13:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事